four-frame

ApplePencilユーザ。最近はストックイラストに興味があります。

イラスト初心者が、 迷いに迷ってAdobe Illustrator CCを買った理由

 

かねてより興味があったAdobe Illustrator CC(通称:イラレ)を買った。正確には12ヶ月分のオンラインコード利用権を買った。ここでは、何が私を2万円超のサブスクリプション購入に駆り立てたかを書きたい。

 

 

なぜ買おうと思ったか

まず、高田ゲンキさんの以下ツイートで、Adobe illustratorで書けるベジェの特性に衝撃を受けたから、

また、同じくトラノスケさんのツイートで、ストックイラストで稼ぐことができると知り、Adobe illustratorへの興味が増していたからだ。

 

迷った理由①作画環境

迷った理由は大きく2つ。1つ目は作画環境。Adobe illustratorはパソコンソフトなので、パソコンと入力デバイスが必要だ。幸い、パソコンは以前勢いで買ったMacminiがあるが、iPad使いの私はどうやってペン入力をするかが問題だ。板タブは使えないし、液タブは高い。そう思っていた2019年6月、AppleがmacOS Catalinaの新機能として、iPadをサブディスプレイ化できる「Sidecar」を発表した。素晴らしい。これで、私の中の液タブ問題は解決した。あとは同機能が使える2019年9月のMacOSアップデートを待つだけだ。 

 

迷った理由②価格

迷った理由2つ目は価格だ。プロがグラフィックデザインや製版に使うAdobe illustratorは高い。参考までにCLIP STUDIO PAINT EX(iPad版)と比べると以下の通り。(※各価格は税別)

  • CLIP STUDIO PAINT EX(iPad版)月額480円〜
  • CLIP STUDIO PAINT EX(iPad版)年額2,800円(毎月240円)
  • Adobe illustrator CC(単体プラン)月額3,480円〜
  • Adobe illustrator CC(単体プラン)年額26,160円(毎月2,180円)

サブスクリプション契約に「Nintendo Switch Lite」(税抜き19,980円)を超える金額を払うと考えると震える。年間契約はいつでもできるから契約開始は「Sidecar」機能実装まで保留かな?と思っていたら、Amazonプライムデーが来た。同セールではAdobe illustrator オンラインコード版が驚愕のが30%OFF!!年額だと18,312円(月額1,526円!)だったので気が付いたら買っていた。まだインストールはしてない。

 

今後の抱負

まずは30日以内(購入後有効化期限内)にソフトをインストールし、操作に慣れる。ストックイラストが売れて、来年分のAdobe illustrator代を稼げたらいいな。

なお、この記事を書いている途中、ベジェ曲線の扱いが難しいという記事を読み、自分がAdobe illustratorをうまく使えるのか超不安だが、もはや後戻りはできない。

 

Adobe Illustrator CC|12か月版|オンラインコード版

Adobe Illustrator CC|12か月版|オンラインコード版

  • 出版社/メーカー: アドビシステムズ
  • 発売日: 2013/10/01
  • メディア: Software Download