four-frame

ApplePencilユーザ。最近はストックイラストに興味があります。

イラレ勉強1週目。操作方法が全然わからない。

Illustratorをインストールして1週間が経った。練習に費やせる時間は毎日1時間程度。そして、新しいソフトを使うといつも思う。「どんなソフトを使っても、元の画力は強化されないんだな」って。

 

1日目、Illustratorインストール

Sidecar(Macの液タブとしてiPadが使える)機能のリリースにできる限り近づけたかったが、30日を経過してソフトが無効になるのが怖く、20日程度しか粘れなかった。ソフトを起動すると「本当にマウス操作でいいのか?」と不安になり、速攻で板タブを注文した。買った板ダブ?前回挫折した機種ですが何か?w

 

2日目、クリスタで描いた絵をパス化してみた

Illustratorインストール時に案内された使い方動画を見るべきか迷ったが、結局見なかった。一刻も早くベクターを書いてみたい。必要なことは都度調べるスタイル。が、わからないことが多すぎて、久々にヒリつくような緊張感がある。まったくわからないw。ただの色塗りに苦戦する。何でこんなに塗れないのかw。

 

3日目、色塗りの方法がわかった

そろそろどんなイラストを書くのか決めたい。ベジェの拡大縮小は試せたので、次は線への効果適用かな。

 

4日目、立っている女性の絵を書いた

そしてわかる先人の凄さ。まずは一枚、PIXTAにアップしたい。クオリティアップにはグラデーションが重要だと思った。

 

5日目、iOSアプリ「illustrator draw」に気づいた

早速iPadに導入するも、書き出したpsdファイルをIllustratorで読み込んでも、パス化されないことに困惑。結局手動でパス化した。本日より、板ダブも前線投入するも、上記詰まりにより活躍の機会なしw。「illustrator draw」の線の強弱の強さに悩んでいるうちに寝落ちw

6日目は休んだw

 

7日目、下書きにペンツールでパスを書こうとするがうまくいかない。

一度書籍などで勉強すべきかも知れない。Illustratorで書く技術が高度なのは苦しいが、嬉しくもある。その分、習得した技術に価値があるということだから。

 

以上、1〜7日目。
まだ何にもわかっていませんw。